教えて! キズパワーパッド™

使用に際して|モイストヒーリング(湿潤療法)ができるキズパワーパッド™

使用に際して

Q

どのようなキズには使えないの?また、使えない部位はありますか?

A

すりキズ、切りキズ、かきキズ(ひっかきキズ)、あかぎれ、さかむけ、靴ずれ等に適しています。

*靴ずれ用のみ、あかぎれ・さかむけには適しておりません

Q

どのようなキズに使えるの?またつかえない部位はありますか?

A

感染がみられるキズ(キズ口の周りが赤くなっていたり、ズキズキした痛みが続いたり、膿を持っていたり、熱や腫れ等の異常が認められるキズのこと。)、感染を起こす可能性のあるキズ(深いさしキズ、筋肉・骨・腱が見えるような深いキズ、カサブタがすでにできているキズ、動物や人に咬まれたキズ、異物{ガラス、木片、砂、ほこり、衣服の繊維など}が入り込んだキズ、受傷してから時間が経ったキズ、すでに家庭で他の手当をしたキズ)、にきび、湿疹、虫さされ、皮膚炎などの症状、及びそれらをかきむしったキズには使用しないでください。また、受傷原因のわからない傷にも使用しないでください。
部位に関しては、目の周囲、粘膜への使用は避けてください。また、一般的な救急ばんそうこうと同様に、毛髪や体毛の濃い部位では十分に粘着せず、キズ口を完全に保護できない場合があります。

Q

体液(滲出液)と膿の見分け方は?

A

体液(滲出液)と膿には以下のような違いがあります。「膿かな?」と思ったら医師に相談をしましょう。

滲出液(しんしゅつえき)
透明で薄黄色 淡黄色
形態 サラサラ ねばねばしている
臭い なし あり
現れる時期 キズができて数時間〜1日 キズができて3、4日後
痛み なし ズキズキした痛みが続く
上に戻る
Q

カサブタができてしまったら、モイストヒーリングはできないの?

A

カサブタができたということは、すでに体液(滲出液)が乾いてしまっているということなので、モイストヒーリングはできません。カサブタができてしまったら無理にはがさず、上からふつうの救急ばんそうこうを貼って、外的刺激からキズを保護しましょう。

Q

使用期限を過ぎてしまいましたが、見た目には古くなっていないみたい。
使っても大丈夫?

A

製品の安定性が確認されている期間(製造から3年)をもとに、使用期限が設定されています。使用期限を過ぎたものは使用しないでください。

Q

前回使用したときに、小さなすりキズだったので、同じものをもう一度使いたいと思います。
大丈夫?

A

キズパワーパッド™は一枚ごとに滅菌した状態で包装されています。使用時に開封し、すぐに使用してください。一度使用した製品を再使用することや、開封後放っておいたものを使用することは感染の恐れが高くなるのでおやめください。

Q

小さい切りキズなので、1枚では大きすぎます。キズの大きさに合わせて切ってもいい?
切って使うとどうなるの?

A

キズパワーパッド™の表面は防水・防菌のフィルムで覆われており、バイ菌や水の侵入を防ぐ設計になっています。切ってしまうと、切断面はハイドロコロイド素材がむき出しになってしまい、防水・防菌の性能を十分に発揮できません。また、切断面から外部の水分を過剰に吸収し、パッドがふやけてしまうので、十分な粘着力を保つことができなくなってしまいます。切らずに一枚ずつ使用してください。

上に戻る
Q

キズ口の大きさが、キズパワーパッド™より大きい場合、2枚重ねて使ってもいい?

A

キズパワーパッド™は、キズ口を一枚で密閉することによって、効果を発揮します。重ねて使うと、つなぎ目などに隙間や漏れができて、確実にキズ口を密閉することができません。キズ口の大きさにあった、キズパワーパッド™をご使用ください。また、キズパワーパッド™の上から他のテープ等で更に固定しようとすると、特に指先等の場合、圧迫しすぎて血流が悪くなることがありますので、キズパワーパッド™単体でお使いください。

Q

床ずれに使用してもいい?

A

使用しないでください。床ずれ(褥瘡)は、継続的な圧迫により生じる慢性創傷なので、必ず医師による治療を受けてください

上に戻る