Skip to main content

バンドエイド® の想い

about_tanjyou_05.jpg

「愛情」をカタチにし、
キズケアの未来を創り続けるバンドエイド®

1921 年ジョンソン・エンド・ジョンソンの社員だったアール・E・ディクソンが、 料理で手をケガする妻への「愛情」をカタチにしたのがバンドエイド® のはじまりです。
以来、約一世紀。さまざまな「愛情」を、その時代時代の「テクノロジー」でカタチにし、そして積み重ね、快適なキズケアをご提供しつづけてまいりました。

その間、キズケアのニーズも、時代の変化にともない大きく変化。
近年では、医療現場やアスリートから広まった、キズパワーパッド™に代表される「早くきれいに治る」ばんそうこうがキズケアの選択肢の一つとして定着してきました。

これからもあなたの毎日のキズに、より良いキズケアをお届けするために。
バンドエイド® は新しいキズケアをリードし、キズケアの未来を創り続けてまいります。

バンドエイド® がカタチになるまでを知る

誕生物語

tanjyou_img_01.jpg

1920年、ジョンソン・エンド・ジョンソンの有名な商品バンドエイド® がアメリカで誕生したのは、まったくの偶然だった。購買部でバイヤーをしていた28才のアール・E・ディクソンという社員は、新妻のジョセフィーヌがたいへんそそっかしく、料理をするたびにケガをすることに常々心を痛めていた。

ばんそうこうについてのアイデア

愛妻家のディクソンはそのたびにキズの手当てをしていたが、キズは絶えなかった。そこで彼は、妻がひとりでも手当てができるような、ばんそうこうを考えついた。それは、医療用テープの中央にガーゼを付け、片手でもすぐに手当てができるというものだった。

ボスも納得の発想

彼がこの発明を同僚に話すと、ぜひ上司に話すよう薦められた。「職場の仲間たちはこのコンセプトがとても気に入ったようだった」とディクソンは回想している。1921 年にはじめて商品化されたバンドエイド® は幅9センチ、長さ54センチの必要に応じて切って使うものだった。

初年度の売り上げは3,000 ドルだったが、営業担当ははさみを持って診療所や薬局を回り、ばんそうこうを切りながらその便利さを実演して歩いた。

バンドエイド® として商標をとる

その後、機械で今のような形態のバンドエイド® が百万枚単位で製造されるようになった。

バンドエイド® は創業以来、最も大きい売り上げをあげる商品になった。 ディクソンはそのアイデアで副社長になり、ジョセフィーヌの不器用さは後々まで語り継がれることになった。