#2

目の前でみるみるカードが入れ替わる……マジックの達人 益田克也さんのスゴ指 (前編)

「スゴ指6」2人目の益田克也さんは、驚きのマジックのタネを生み出すスゴ指の持ち主。

あの世界的マジシャン、デヴィッド・カッパーフィールドにもタネを提供したこともある、著名なマジック・クリエイターです。

そんな益田さんは、どんなスゴ指テクニックを見せてくれるのでしょうか?

後編を見る

益田克也さんのスゴ指に迫る!!

−−益田さんのマジックはプロのマジシャンの中にもファンが多いそうで。

調子に乗ってたくさんつくったからじゃないでしょうか(笑)。厳しいプロの目から見ても本当に不思議な作品がいくつかできて、それを認めていただいんだと思います。プロを驚かせるのは嬉しくて、18年くらい前にロサンゼルスのマジック専門クラブでマジックを披露したときに、気付いたらマックス・メイビンさんやゲイタン・ブルームさんなど超大物マジシャンに囲まれていて、皆さん食い入るように見てくださったのは忘れられないですね。あとマジックをつくるうえでは、Mr.マリックさんがよく言わはる「不思議なだけじゃダメなんだよ。マジックは魔法じゃないと」という考え方、姿勢を見習いたいなって思っています。

−−テレビ番組でパフォーマンスをやられることもありますよね。

人前に出るのは得意ではないんですけど(笑)、ありがたいことにちょこちょこと声をかけていただきまして。テレビでは副業でマジックをやっているって扱いが多いので、たぶん下手くそでもええんかなって気兼ねなくやらせてもらってます。あ、でもこういう取材の前には一生懸命練習していますよ!

スゴ指拝見!

益田克也さんに見せていただいたのは、ご自身の代表作でもある「WOW」。選んだカードにサインを書いて(「スゴ指6」の「6」)デッキに戻し、カードを切ったあとに一番上の一枚をアクリルケースに入れます。

「今入ってるカードはサインを書いたものじゃないですよね。では、このアクリルケースを振ってみます」。

益田さんがアクリルケースを振ると、じわじわとカードがサイン入りのものに変わってきました!

「最初は一瞬でカードが入れ替わるマジックで全然人気もなかったのですが、サインが出てくる風に見せ方を変えただけでヒットしましたね。でもすぐ贋作が発売されて、それさえなかったら今頃ビル建ってましたよ(笑)」

タネも仕掛けもないカード

かっこよくシャッフル

益田さんがケースを振ると……

適当に選んだ1枚にサインを書きます。これで、他のカードとすり替えはできません!

一番上の一枚をアクリルケースの中へ。このケースが怪しい!!

じわじわと何かが浮かび上がります。なんか怖い!

  • タネも仕掛けもないカード

  • 適当に選んだ1枚にサインを書きます。これで、他のカードとすり替えはできません!

  • かっこよくシャッフル

  • 一番上の一枚をアクリルケースの中へ。このケースが怪しい!!

  • 益田さんがケースを振ると……

  • じわじわと何かが浮かび上がります。なんか怖い!

あれ? サインしたカードに!!

益田克也さんのスゴ指エピソード

−−益田さんとマジックとの出会いを教えてください。

もともとは20歳からキャバレーでギターを弾いていたんですけど、27歳でお店が潰れて就職することになったんです。それまで1日中ギターを弾いていた生活が会社と家の往復だけになって「暇やな」って思ってた時に本屋さんでたまたま分厚いマジックの本を見つけて、手に取って挑戦してみたのが初めてですね。でも本を読むだけだとなかなか上達しなくて、習いに行くようになってからさらにハマっていった感じです。

−−クリエイターへはどういうきっかけで転身されたんですか?

いざ人前でやってみようと思ったらしゃべりはボロボロやし、見た目がいいわけでもないし、わりとすぐにマジシャンには向いてないなと感じたんです。ちょうどその頃、考案したコインを使ったマジックをマジシャンのジョニー広瀬さんに褒めてもらえたんですよ。それで調子乗って(笑)、演じるよりも考える方が向いてるのかなと思うようになりましたね。

−−ところで、本業は製版業のサラリーマンなんですよね。

実は、僕のマジックって仕事からインスピレーションを受けているものが多いんですよ。あまり詳しいことを言うとネタバレにつながってしまうのでぼやかしますけど(笑)、印刷や合成の技術、知識がものすごく役に立っているんです。あとコインは落下したら音がするんで、仕事が終わった夜に作業すると周りの方の迷惑になるし、まず嫁さんにも怒られるんで(笑)。静かにコソッとやるにはカードが一番ですよ。だから僕のマジックは仕事と言うよりか、普段の生活の中から生まれていますね。

お題発表!

−−素晴らしいスゴ指を見せていただきましたが、さらなるスゴ指を見せてください!

え? うーん、やったことがないという意味だと、過去に自分でつくったマジックのリメイクってどうでしょう。どんなものがいいですかね……。ちょっと考えてみます。

益田さんが悩みに悩んだマジックとは? 後編に続く!!

BAND-AID 快適プラス

バンドエイド®
快適プラスを貼ってみて

マジックって華々しいイメージがあると思いますけど、基本は切ったり貼ったりの工作なんでキズはできやすいですね。前にテレビ番組の収録前にディレクターさんから「タネを変えてほしい」と言われて、慌てて作業したら手を切ってしまったことがあったんです。絆創膏をもらって事なきを得ましたけど、手元を見られる仕事だからかっこ悪いですよね。でもバンドエイド®快適プラスはあまり目立たなくて本番でも使えそうです。柔らかいからカードが引っかからないのもいいですね。

バンドエイド®快適プラスを貼ってみて
バンドエイド®快適プラスを貼ってみて
益田克也さん

益田克也さん PROFILE

益田克也さん

約30年のキャリアの中で数々のマジックを生み出し、国内外の有名マジシャンからも絶賛されるクリエイター。商品化されているマジックも多く、専門店やオンラインショップなどで販売されている。代表マジック「WOW」は、テレビでも何度も披露されている。

http://www.masudas-atto.com/

オススメのスゴ指

BAND-AID® 快適プラス つけてる感ゼロへ

BAND-AID 快適プラスシリーズ BAND-AID 快適プラスシリーズ

販売名:「BAND-AID 快適プラス」