どんなキズ?

マメの対処法|バンドエイド® BAND-AID®

マメ

原因と症状

マメは、皮膚が繰り返し摩擦を受けるうち、表皮(皮膚の外層部)が真皮(皮膚の中層部)からはがれて、その間が腫れてしまった状態です。皮膚層の間に水が溜まり、ぶよぶよするのが特徴です。

トラブルの多い場所

上に戻る

ケア方法

マメは、何もいじらずに、そのままにしておけば自然に治ります。ぶよぶよが気になるなど不快な場合は、専用の保護パッドも効果的です。痛みをやわらげ、保護するとともに予防にも役立ちます。もしも、つぶれて水が出てきてしまった場合は、キズ口を流水で洗いましょう。がまんできないほどの痛みの場合は、専門医に相談するのをおすすめします。

「つつく」「むく」などのムリはせず

足のマメは、靴を履くときなど圧迫されて痛むことがあるため、水を抜こうとする人がいますが、おすすめできません。皮膚を針でついたりすると、そこから細菌が入って化膿する恐れがあります。また、皮は自然にはがれるまでは、ムリヤリむいたりせず、そのままにしておきましょう。

製品紹介

マメ・靴ずれブロック

マメ・靴ずれブロック

マメ・靴ずれを未然に防ぐ。

上に戻る