どんなキズ?

外反母趾の対処法|バンドエイド® BAND-AID®

外反母趾

原因と症状

外反母趾は、足の親指が小指の方へ曲がり、親指のつけ根の関節部分が外側に突出していく病気です。反対に小指が親指の方へ曲がり、小指のつけ根の関節部分が外側に突出してくる内反小趾もあります。

いずれも、圧倒的に女性に多い足のトラブルです。外反母趾・内反小趾ともに最大の要因は靴で、女性に多い理由は、ハイヒールや小さめの靴を履く人が多いことや、男性よりも関節が軟らかいため足が変形しやすいこともあげられます。

トラブルの多い場所

上に戻る

ケア方法

予防のためには、ハイヒールやサイズが小さ過ぎる靴を履かないことです。しかし、そうもいかない人も多いことでしょう。そういう人は、靴の選び方や、足の手入れ、装具等で治療できる場合もあります。いったん固まってしまうと手術が必要な場合も出てきます。

時には、遺伝や、骨格や関節の構造などのため、もともと外反母趾になりやすい因子を持っている人もいます。このような場合は、いったん外反母趾になると、ハイヒールを履くのをやめても足の変形が進行して、痛みを伴わなくても長期的に病状が進行することがあります。

いずれにしても、外反母趾であることをきちんと診断することから始まるので、専門医の診断を受けることをおすすめします。

製品紹介

肌色タイプ 指先用

外反母趾用

外反母趾の痛みを和らげるために。

上に戻る